シュガー・ベイブ、そしてナイアガラトライアングルVol.1を経た山下達郎が、ソロとして初めて世に放った1976年の作品である。彼のプロットにもとづいた音を忠実に再現すべく、スタッフ選びにも余念がないようで、結果、ニューヨークとロサンゼルスでの海外レコーディングとなっている。超一流のミュージシャンたちを適材適所に配し、その「いい意味でのこだわり」が充分に伝わってくる傑作となっている。「達郎ポップス」の原点とその方向性を指し示す羅針盤のような1枚だ。(春野丸緒)

 ・ amazon : CIRCUS TOWN

山下達郎がRCA/AIRに残した作品を本人がリマスタリング/自筆ライナーノーツ&曲解説収録で再発売。シュガー・ベイブ解散後の1976年10月発表のファースト・ソロ・アルバム。「CIRCUS TOWN」「WINDY LADY」他、ボーナス・トラック2曲を含む全10曲を収録。 (C)RS

ディスク:1
1. Circus Town (NEW YORK SIDE)
2. Windy Lady (NEW YORK SIDE)
3. Minnie (NEW YORK SIDE)
4. 永遠に (NEW YORK SIDE)
5. Last Step (LOS ANGELES SIDE)
6. City Way (LOS ANGELES SIDE)
7. 迷い込んだ街と (LOS ANGELES SIDE)
8. 夏の陽 (LOS ANGELES SIDE)